診療内容

こどもの足外来children foot

大人に比べ、子供の足は骨が成長途中であり、非常に柔らかく、非常に不安定です。動きが活発化する3歳頃から、9歳頃までに足の形を決めるアーチの形成が進み、18歳頃までに完全な骨へ成長していきます。このため、こども靴選びや歩き方などはとても重要な要素になってきます。

当院では、その大切な時期に起こる小さなトラブルを見逃さず、痛みや変形、歩行障害などの原因を精査し、適切な治療方針をご提示していきます。
子供はきちんと症状を伝えることはできないので、保護者の方が経過を観察し、変化や細かなことでもメモなどをとって適切に伝えていただけることで、より詳しく診察ができます。対応疾患は以下の通りです。

*子供に多い足トラブルはこちら

  • 乳児の足

  • 成人の足

対応疾患

その他、形成外科専門医の診療日は傷あとやホクロなどのご相談も可能です。