足のクリニック監修治療対象疾患

アキレス腱付着部炎 あきれすけんふちゃくぶえん

「靴を履くと踵の後ろが痛い」「仰向けで寝ると踵が痛い」といった症状が多く、靴を履くことで摩擦が生じ悪循環となることも少なくありません。
アキレス腱は人の中で最も大きくて強い腱で、歩行やジャンプ動作のときに必要です。腱自体は筋肉の力をそのまま伝える組織で、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)が足首付近でアキレス腱になり踵の骨に付着しています。
つまり、膝の後ろ~アキレス腱~踵の骨~足底腱膜は一つの連続した部位と考えることができ、ここのどこかに負荷がかかることでアキレス腱と踵の骨の付着しているところ(踵の後ろ)や足底腱膜と踵の骨の付着しているところ(踵の下)に炎症を生じます(足底腱膜炎)。
アキレス腱には血管組織がほとんどないため、一度炎症が起きてしまうとなかなか治りません。また、アキレス腱にステロイド注射をおこなうことは腱断裂のリスクが高くなるため、足のクリニックでは各種保存療法や体外衝撃波での治療を行います。

  • 画像の説明は空白でもOKです

足のクリニック監修 治療対象疾患一覧