足のクリニック監修治療対象疾患

アキレス腱付着部炎 あきれすけんふちゃくぶえん

「運動をすると外果(そとくるぶし)付近が痛い」というのが主な症状です。
腓骨筋腱という腱が、腓骨外果下部の通り道から脱臼したり、戻ったりを繰り返すことで、そこに炎症が生じます。このような症状がある方は腓骨外果下部にフェルトなどをあてテーピング固定をすることで脱臼がなくなり症状が軽減します。
重症な場合は手術により、腱の脱臼を起こさせないようにすることもあります。

  • 画像の説明は空白でもOKです

足のクリニック監修 治療対象疾患一覧