足のクリニック監修治療対象疾患

爪白癬(爪水虫) つめはくせん

画像の説明を端的に短く

 「爪の色が黒ずんでいる」「つめの表面に白い斑点がうっすらとでてきた」という方は、爪白癬になっているかもしれません。また、異様な悪臭や爪がポロポロと崩れるようになってきた際も、爪白癬の疑いがあります。
爪白癬になっても痒みや痛みなどはありませんが、衛生的にきちんと治療をしておいたほうがよいでしょう。

爪白癬は急に発症するのではなく、長い間、足が白癬菌という真菌(カビの一種)に感染していた方が爪にも感染して爪白癬になっているということがほとんどです。また、足白癬が治ったとしても爪白癬は治りづらく残存することが多いため、治療を中断してしまう方が多いようです。
爪白癬は通常の白癬治療薬では患部まで行きとどかないため、以前は内服薬での治療が主流でした。しかし最近では新しい爪白癬専用の治療薬が処方薬として認可されたためそちらの使用頻度が高くなっています。
しかしただ外用薬を塗っているだけでは治癒率が低いため、足のクリニックではグラインダーという器具で感染している病変部を全て削り取り、外用薬を奥まで行きわたらせる処置を行なうことで十分に効果を出すことに成功しています。
循環器系の疾患や免疫低下があるなど、慢性的な病気がある人は特に爪白癬に弱くなると言われています。
また爪白癬と似たもので爪カンジダ症というものがあります。爪カンジダ症に対して爪白癬治療薬の使用は効果が少ないため、これを疑った際には治療薬の変更が必要となってきます。
早期に受診し、治療することで、短期間で完治する可能性が高くなりますので、疑いがあれば専門機関を受診しましょう。

  • 画像の説明は空白でもOKです

足のクリニック監修 治療対象疾患一覧