足のクリニック監修治療対象疾患

足底腱膜炎 そくていけんまくえん

「朝起きて1歩目の踵が痛い」というのが足底腱膜炎の最初の症状となることが多いです。
発症直後は朝のみの痛みで時間が経つと何事もなかったかのように軽快するのですが、症状が悪化していくと1日中痛みが引かなくなり、痛みをかばって歩くために反対側の足までが痛くなってしまうということも少なくありません。
足底腱膜は足の骨格構造を構成するうえでの底辺となる部分で、荷重がかかることで常に大きな張力にさらされます。
同じ1歩の中でも足底腱膜はさまざまな方向に引っ張られるため、足底腱膜炎を発症する原因はいくつかあり中でも多いものは下記になります。

・扁平足
・母趾での踏み返しができない(強剛母趾 きょうごうぼし)
・アキレス腱が固い
・靴の履き方が悪い

慢性化した痛みに対してはステロイド注射や体外衝撃波での治療により劇的に改善しますが、原因を見極めて予防策をとっておかないと、必ず痛みが再燃しますので治療と予防を同時に行なう必要があります。
また、レントゲンで踵に棘があるなどと指摘されることがあり、確かにこれが踵を突き刺して痛みを与えているかのようにも思えます。しかしこの踵骨棘(しょうこつきょく)は足底腱膜が長期の炎症でその一部が石灰化しているものであり、外科的に切除することはあまり意味がありません。原因を考えて根本的な足底腱膜炎の治療をする必要があります。

  • 画像の説明は空白でもOKです

足のクリニック監修 治療対象疾患一覧