足のクリニック監修治療対象疾患

足関節捻挫 あしかんせつねんざ

ほとんどの足関節捻挫は足首を内側に捻ることで起こり、外果(そとくるぶし)の靭帯が伸びたり、部分または完全にすることで外果周囲が腫れて痛みが出ます。
「ただの捻挫だ」と思い放置してスポーツに復帰すると、慢性的な痛みや筋力の低下に加え、足関節の不安定化を起こして、後遺症が残ってしまうこともあります。
足関節捻挫は初期治療と、靭帯が付着している部分の剥離骨折の有無の判断が重要となってきます。

  • 画像の説明は空白でもOKです

足のクリニック監修 治療対象疾患一覧